cloudera

Hadoopの祭典 IoT新時代の幕開け | Cloudera World Tokyo 2015

講演者スペシャルインタビュー

成熟期に至ったビッグデータ/IoT時代で、企業競争力に直結したデータ利活用を実現するためのヒントがここに!

「ビッグデータ」というキーワードと共に、「IoT」は、既にITの範疇を超え、一般的な概念として認識される段階になってきました。このIoTに代表されるような本格的なビッグデータ活用の「第二世代」が到来した今、私達は何を知り、どのような取り組みを開始すべきなのでしょうか?

Cloudera World Tokyo 2015では、Hadoopの生みの親であるCloudera チーフアーキテクトであるDoug Cuttingを迎えた基調講演では、ビッグデータ/IoT時代のデータ革命と指標を示してくれることでしょう。

また、今回のCloudera World Tokyoでは、MapReduceに代わり、その高速性、高い操作性により、ビッグデータ/IoT時代に求められる次世代エンジンとして注目が高まる「Spark」にフォーカス。その仕組みやメリット、活用事例のご紹介と共に、9月に発表したエンタープライズ向けApache Sparkの開発を促進する「ワン・プラットフォーム・イニシアティブ(One Platform Initiative)」についても言及します。
さらに、実際にビッグデータを扱う上で不可避な、コンプライアンス対応やセキュリティ対策についても、具体的な事例を含めた最新情報をご提供します。

今、ビッグデータ/IoTに向けた対応は、“実施するかしないか”ではなく、“どうやって実現するか”を考える段階に至っています。このような「ビッグデータ活用第二世代」の真の姿と、具体的な施策、そして様々な知見をご紹介するCloudera World Tokyo 2015に、是非ご来場ください。

実施概要

  • イベント名
    Cloudera World Tokyo 2015
  • テーマ
    Hadoopの祭典・IoT新時代の幕開け
  • 主催
    cloudera株式会社
  • 日程
    2015年11月10日(火)
  • 開催時間
    10:00〜20:00 (開場9:00〜)
    午前:基調講演、午後:分科会、夕刻:懇親会
  • 会場
    目黒雅叙園 2階・4階 メイン会場:舞扇の間
  • 参加費
    無料
  • 定員
    1000名
  • ご来場対象
    ビックデータ、IoT、Hadoopの活用を検討されていたり、既に導入し活用されている企業、官公庁の経営者、部門長、エンジニア、経営企画、サービス提供者の皆様
  • お問い合わせ
    Cloudera World Tokyo運営事務局
    cwt-jp@cloudera.com

目黒雅叙園
〒153-0064
東京都目黒区下目黒1丁目1−8−1
開催時刻 講演内容
ご挨拶
10時00分〜10時10分

ご挨拶

Cloudera株式会社 カントリー・マネージャー 田村研三郎

特別講演
10時10分〜10時40分

【特別講演】IoT時代に向けたHadoopへの期待と責任

東京大学大学院 情報理工学系研究科教授 江崎 浩氏

【江崎 浩教授略歴】
1987年 九州大学 工学部電子工学科 修士課程了、同年4月 (株)東芝 入社 総合研究所にて ATMネットワーク制御技術の研究に従事。 1990年より2年間 米国ニュージャージ州 ベルコア社、 1994年より2年間 米国ニューヨーク市 コロンビア大学にて客員研究員。1998年10月より東京大学大型計算機センター助教授、 2001年4月より東京大学 情報理工学系研究科助教授。2005年4月より現職(東京大学 情報理工学系研究科 教授)、WIDEプロジェクト代表。 MPLS-JAPAN代表、IPv6普及・高度化推進協議会専務理事、JPNIC副理事長、 ISOC(Internet Society)理事(Board of Trustee)。日本データセンター協会 理事/運営委員会委員長。工学博士(東京大学)。

講演資料ダウンロード

基調講演
10時40分〜11時20分

【基調講演1】データエコシステムへの挑戦

Cloudera, Inc. チーフアーキテクト Doug Cutting

【Doug Cutting略歴】
Hadoopの生みの親として著名です。スタンフォード大学で学士号を取得。XeroxやApple時代にLucene、Nutch、Avro、Hadoopなど数多くのオープンソース・プロジェクトを立ち上げました。その後Yahooではミッションクリティカルなビジネス・アナリティクス向けに、プロダクションHadoopストレージおよび分析クラスターを構築・展開するチームの主要メンバーを務めていました。2009年にYahooからClouderaへ移籍し、チーフアーキテクトとして現在に至ります。Hadoopの普及に貢献しApache Software Foundationの取締役会にも名を連ねています。

講演資料はこちら

基調講演
11時20分~11時50分

【基調講演2】ビックデータのセキュリティとガバナンス要件

Cloudera, Inc. プロダクトマーケティング シニアディレクター Clarke Patterson

※ 急遽来日できなくなったデータサイエンティストのJosh Willsに代わり登壇します。

講演資料はこちら

基調講演
11時50分~12時20分

【基調講演3】パーベイシブ分析を目指して

Cloudera, Inc. 最高技術責任者 Dr.Amr Awadallah

【Amr Awadallah略歴】
エジプト・カイロ大学にて電気工学修士課程を修了、米国スタンフォード大学にて電気工学博士号を取得。VivaSmartに参画後、同社買収によりYahoo!に入社。Yahoo!では、プロダクトインテリジェンスエンジニアリング担当副社長として、データ分析およびビジネスインテリジェンスのために、いち早くHadoopを採用し、稼働させた実績を持つ。その後、ベンチャーキャピタルのAccel Partnersの客員起業家(EIR/Entreprenuer-in-Residence)として3カ月間勤務後、2008年にCloudera社の設立・経営に参画し、現在に至ります。

講演資料はこちら

分科会
12時40分〜18時10分

【分科会講演】午後のセッションの一覧はこちらをご覧ください

午後の分科会では、新製品KuduやRecordServiceの詳細、Apache Sparkやkafka、Impala、Navigatorなどの最新情報からデータ分析、活用事例など、5トラック27セッションでご紹介します。

懇親会
18時15分〜20時00分

懇親会(無料)

基調講演者のDoug CuttingやAmr Awadallahも通訳同伴で参加します。是非ご参加いただき直接会話してみてください。きっと新しい発見があります。
※ 懇親会が行なわれる展示会場のミニステージでは、午後から懇親会終了まで日本Hadoopユーザー会の有志によるライトニングトークが行なわれる予定です。

※50音順で表示しております。

Cloudera World Tokyo 2014の情報はこちら>